料理の魅力

気持ちを明るくする

みんな大好きな美味しい料理

家族や子供の為に作るお母さんの手料理の中でも、ダントツ人気があるものが絶対にあるはず。

親の手料理

『またあれ食べたい』『あれが良かったな』『今日あれ、ラッキー』『お母さんのあれの方が何倍も美味しいけどね』など一度は言葉に出した事があると思います。

お母さんは一度は聞いた事がある言葉だと思います。(『美味しい?』って聞いてしまう人もいると思います)

お母さんの手料理の十八番(最も得意とするもの)には、何か引き付ける魅力があるはず。

カレー、卵焼き、豚汁、炊き込みご飯、ハンバーグなどの定番料理。安心して食べれるし、食べたくなる。

毎日食べる家庭の味、何気なく食べている味、味覚は記憶蘇らせてくれます。母の有難さ。子供を思う気持ち。母の料理(ベスト10)は一生忘れることはない記憶として、インプットされるのではないでしょうか。(たまに無性に食べたくなる感じ)

格言【母になり 初めて分かる 料理と愛

親になり、毎日料理を作る大変さ。洗い物に費やす時間。せっかく作ったのに食べない家族。

定番以外の新しい料理で挑戦。『喜んでもらえるかな』と思い作るも、家族から不評。『いらない』などなど。『子供は素直が一番ですが、伝え方を工夫するだけで、納得できる時もあるのですが』

母親の偉大さを感じざるおえません

親になり、本当の意味で親を尊敬し、感謝の気持ちが自然と湧き出てきます。

親の手料理の魅力はとても深く、健康面や体力面、メンタル面、お祝いの時の特別料理すべて含まれており、家族に対する無償の愛を料理で表現している様にも思えます。

格言 【母親を太陽に】(家族の心を晴れに出来るのは母親。ですが母親次第ではなく、母親以外の家族次第で、たまには雨になる可能性も。)

母が太陽のように輝いている家庭は、暖かい雰囲気で過ごしやすい環境ですよね。

格言【美味しい料理を食べるには 母への ほんの少しの気遣いを】(たくさんの気遣いやお手伝いも有)

料理が好きな人、嫌いな人

料理が好きな人、苦手な人がいて当たり前

家庭環境もありますし、掃除は好きだけで、料理は苦手な人もいますし、

掃除より料理が好きな人もいます。

苦手な人は料理が好きな人と相性がいいですし、お料理をしてくれる家政婦さんを雇う事も出来ます。

栄養バランスの良い外食もありですし、健康食のデリバリーもあります。

家族とは、足りない所を補って生活を共にする事です。

格言【みんな違ってみんないい】

レストランの有難さ。食べたい時に自分が食べたいものが食べられ、お皿も洗わなくて良し。

すべて運んでくれるサービスがあり、いたれりつくせり(全てに細かく配慮が行き届いて申し分がない事)です。

格言【外食は驚きと喜びが味わえる】

料理が苦手な人の特徴

・食に興味がない ・レシピ本が嫌い ・料理を作った事ない ・生のお魚やお肉を触りたくない

・洗い物が嫌い(手が荒れる) ・料理がめんどくさい ・料理に時間を使いたくない

・包丁が怖い ・美味しい料理は外で食べる物だと思っている ・自分の親も料理をしない

・そもそも料理の基本を知らない(塩、砂糖、醤油を入れる量など)などなど

・教えてくれる人がいない ・何が楽しいかわからない

料理が得意な人の特徴

・食を愛してる ・人を喜ばせたい ・家族の為に ・料理が好き ・レシピ本が好き

・料理の事を考えるのが好き ・美味しい料理を食べさせたい(食べたい) ・食は大事だと思っている 

・段取りを考えるのが好き ・料理を作ると落ち着く ・料理が楽しい ・苦じゃない

そして、波もあります。何かのきっかけで、料理が苦手な人が好きになる事もありますし、料理が得意な人が嫌いになる事もあります。

格言【人生何があるかわからないから楽しい】『まさか自分が料理を好きになるとは』など

料理が好き

食という字は、人に良いと書きます

ある食べ物を繰り返し食べたり、ある音楽を繰り返し聴いたりすることで、その対象を好きになる可能性が高くなります。

料理が好きで得意な人は、自分だけでなく、他の人に食べてもらいたいと思います。

『美味しい』『この味付け好き』『今までで一番おいしい』『プロの味ですね』など言われると、たまらなく嬉しいし、1日上機嫌で、更に美味しいものを作りたくなります。

何も言われないと『どう?何点?』と必ず聞いてしまいます。(反省しなければいけないのですが)

料理が好きな人あるある

・一品でも得意な料理がある。 ・外食に行っても、食材や調味料を自分なりに分析、美味しかった料理をお家で再現したくなる(再現する)。 

・気になる料理のレシピを携帯で検索する。 ・美味しさの秘密をすぐ知りたくなる。 ・基本の調味料さえわかれば、オリジナルで料理ができる。

・料理の段取りがスムーズだとスッキリする(同時進行で洗い物もスムーズにできる)。 ・無駄な時間なく、料理を最短で出来ると『良し』と思う。

・基本を心得ている。 ・メイン料理以外のサブも工夫している。 ・家族の中に褒め上手がいる。 ・野菜の色どりを入れる。 ・盛り付けがおしゃれ

・料理を盛るお皿、グラス、箸も好き。 ・食べ物を作って下さる人達に感謝をしている。 ・大地の恵みに感謝している(雨の恵みを知っている)。

この中で1つでも当てはまる物があれば、料理の素質があります。

料理をすると心が晴れます。

格言【料理の魅力は盛り付けに宿る】

食べてくれる家族がいるから、料理のしがいがあるのは確か。

格言【料理を愛する人は家族から愛される

格言【塩の魅力を知っている】(塩が料理を引き立たせる最も重要なコツ)

食の魅力は奥が深いです。健康面を考えるとお腹が減った時に食べる(所説あります。1日1食説、2食説、3食説、4食説など)、おなか8分目まで食べるのが良しですが、ついつい食べ過ぎてしまいます。

美味しい料理をおなか8分目で抑える事は、果たして出来るのか?(食の魅力に打ち勝つ時、色々な欲を抑える事ができるかもしれません)

最後までお付き合いありがとうございます。


人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

25

コメント