【休む】のたいせつさ

気持ちを明るくする
エステ体験【エルセーヌ】

ほとんどの人が頑張っています。本当にお疲れ様です。

仕事をしている人が協力して、より良い社会を作っていますよね。車に乗れたり、道路が整備されていたり、ゴミを運んでくださる人達がいるからこそ今の生活が成り立ちます。今の社会は仕事を通して、誰かのの役に立っていることだと思います。

車に乗れるのは、車を作る会社があり、そこで働いている人達が分担して作業をし、車が完成して、必要な人達が購入する。車を作る会社は、お客様から頂いたお金で、働いている人達に、ありがとうの気持ちを込めお金を支払う。

車を作る会社は、売上金の中から法人税として、国に納める。従業員さんはお給料の中から、所得税として国に治めます。

国はそのお金で業者さんにお金を払い、道路(公共の場所)を作ったり、整備(メンテナンス)をしてもらいます。

みんなが過ごしやすい環境が整っていく事を、みんなで協力して作る事が仕事のシステムではないでしょうか。

仕事をして得られる物事

仕事をして得られる物事は、何があるのでしょうか。

やりがい 達成感 人の役に立つこと 感謝する事 感謝される事 評価されること 社会をよくすること 楽しさ 社会貢献 経済発展 自己成長 自分が有能であることの証明 お金 充実感 仕事を通してより良い仲間(恋人)を作る 協力して得られる幸福感

お金を含め、たくさんの物事が得られる様に思います。

他にもたくさんありそうですが、仕事とは奥が深そうですね。

仕事で悩んでいる方もいるのは事実。

人生は大まかに言って、仕事かプライベートしかありません。

2択です。

仕事は相手も喜び、自分も喜ぶ事(win win)。

プライベートは相手を喜ばせる事。(全員が相手を喜ばせれば、win win になりそうですね。)

哲学に聞こえてきます。

格言 【人間関係の難しさ 助けられて今がある】

休憩の大切さ

休憩中みなさん何をして居るのでしょうか。

仕事の休憩中、タバコを吸う人はタバコを吸うでしょう。そして、多くの人が携帯電話をいじる事ではないでしょうか。lineを見たり、欲しいものを探したり、ヤフーニュースを見たりなど、スマートフォンは特別便利です。

最も効果的な休憩の取り方とは何でしょうか?

『休憩は好きな事をするわ』と言いたくなりますが、3つのポイントがあります。

・本当にリラックスをする事。残念ながら、携帯電話はNGだそうです。ぼーっとする(どうしたのと言われそうなので、近くに人がいるところでは、やりずらい)ストレッチをする、好きな飲み物を飲む(コーヒーや栄養のある物)、気を使わない人と話す(職場以外でも可)。

休憩中に集中力や意思力を使うとそのぶん他の活動に使える集中力が意志力が少なくなるからだそうです。

携帯をいじる作業は仕事で使うのと同じ精神活動を要求するからだそうです。

完全にスイッチを切る事が、リラックス効果があり、エネルギーを補充できるのです。

・朝や午前中に休憩を取る事が望ましい。午後休憩をするよりも午前休憩をする人のほうが精神的にも肉体的にも大きな改善が見られたそう。

休憩をこまめに短い時間、頻繁に。(数分でも可)。早い時間から休憩をこまめにすると、後半長い時間休む必要がなくなります。パフォーマンスの低下を防ぎます。

・職場から完全に離れる。わずか5分外を歩くだけで、自然からエネルギーを受け取る事ができますよ。

職場環境内にいると、職場の話が多くなることが挙げられます。外にたくさんの木や森がなくても問題なし。

3つのポイント。もし仕事中疲れが取れない時、参考にしてみたら、疲れが取れるかもしれません。

格言 【休憩は心休まる場所を選ぶべし】

法律的には

労働基準法における休憩時間は6時間超なら45分以上 8時間超なら60分以上。(労働基準法第34条 )

休憩時間の三原則

1 休憩は労働時間の途中で与えなければならない。

2 休憩中は労働から完全に解放されていなければならない

3 休憩は一斉に付与されなければならない。

業種による例外

接客娯楽業などは休憩時間は一切付与する義務はない。

飲食店は休憩時間、時給が発生しなくてもよい。(アルバイトの定番 飲食店は会社に寄るので、チェックが必要ですね。)

格言 【休憩を上手に取るのも仕事の内】

たまにはロングバケーション

ドラマのタイトルみたいで良い言葉ですよね。

仕事への意欲を高め、モチベーションを高めてくれる。更にリフレッシュ効果もあり、たまにはロングバケーションを取りたい人は大勢いるのではないかと思います。

今は国(経済産業省)が人材力の強化のため、欧米の休暇システムを導入しています。(一か月以上の休暇)

サディカル休暇(企業が定めた長期休暇)のある会社もあり、ワークバランスを考え、生産性や作業効率、従業員の定着率も高める事ができるそうです。

他にもアニバーサリー休暇(家族や子供の記念日に合わせて休暇を取る事ができる制度)、リフレッシュ休暇(勤務年数や年齢に応じ支給される長期休暇)も導入している企業もあります。

もし,1ヶ月のロングバケーションを貰えたら何をしますか?想像しただけでも、リフレッシュ出来ますね。

(日々の貯金も必要ですね)

会社の就業規則を確認し、仕事の進歩状況を考慮したり、休暇中の仕事の受け渡しなど職場に迷惑が掛からない程度で申請を考えても良いのではないでしょうか。(事前の下調べが必要)

家族の時間をゆっくり取り、心から癒されて、リセット、リフレッシュをし、次の仕事に活力を。

3年に1度は1ヶ月間のロングバケーション。就職前、転職前、結婚の月、人生の節目にはロングバケーションを楽しみ、生産性、業績アップに繋げてみてはいかがですか?

長い休暇、短い休憩バランスよく取る時代なのかもしれません。

格言 【人生の目的 親切にする事 楽しむ事】


人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

13
ブログランキング・にほんブログ村へ
アカウント登録
ログアウト
プロフィールを編集
予約履歴
Subscribed items
登録
close
プロフィール
close
予約履歴
close
ID予約日時カレンダー状態
予約の詳細
close
予約の詳細
サービスを選んでください
サービスの詳細
下記のアドレスに認証コードを送信しました。認証コードを入力してください。
気持ちを明るくする
フォローして頂くと、嬉しいです。

関連記事(一部広告を含む)

ゆるみサロン 悟空の手

コメント