更年期障害には足の三里のツボ

ゆるみサロン 悟空の手

皆様、素敵なお正月をお過ごし頂けましたか?



こんにちは。ゆるみサロン 悟空の手です。

卵巣の機能が役目を終え、閉経に向かっていく期間に起こるトラブルが更年期障害です。突然の発刊、ほてりやのぼせ、手足の冷えやしびれなど体に現れる症状のほか、心が不安定になったり、イライラがつのったり、ひどくなるとうつ症状が出るなど精神面に不調を来すことも。人によって症状は様々で、症状がまったく出ない人もいます。女性にとってやっかいなこの時期を上手に乗り切る為にも、ぜひツボを活用して頂けたら嬉しいです。


足の三里のツボ


更年期障害からくる頭痛、肩こり冷えなどにとても有効です。


足の三里のツボの場所・・・ひざ下にある2本の骨が接するV字のくぼみ。ひざのお皿の下に人差し指の端を当て、つま先方向に指幅4本ぶんの所。



指圧の仕方・・・ツボに両手の親指を重ねて置き、ひざのほうに引き寄せるようなイメージで5秒~10秒、圧を優しくゆっくりかけます。離す時もゆっくり離します。これを5回~10回行います。左右同様に行いましょう。








2023年も健康で元気な年になりますように。



『ゆるみサロン 悟空の手』で定期的なボディメンテナンスをしてみてはいかがですか?



素敵な人生のお役にたてたら、幸いです。

友だち追加






0

コメント